So-net無料ブログ作成

ソニーアクションカムFDR-X3000 高温対策? [新製品情報]

IMG_6934.JPG

ソニー 4Kアクションカムは、使い方によってはかなり効果的!というわけでいろんな撮影に使っています。 

しかし、ボディカラーが白しかなく、目立たないように黒テープでマスキング… 

 Still0530_00000.jpg

狭い隙間にセットして仕事でも使える効果的な映像も可能です。 

しかし、このときは4K30P ビットレート60Mbps でしたが、熱がこもって高温になり1時間あまりでストップしてしまいました。

IMG_8213.JPG

ソニーアクションカムの新製品FDX-X3000、巨大なプロテクターが特徴です。

やたら目立ってしまいかなり疑問を感じるアクセサリーです。

IMG_8198.JPG IMG_8200.JPG

しかし、X3000はX1000にも増して温度が上昇し、ビットレート100Mbpsにすると高温ですぐにダウン…(-_-;)

IMG_8421.JPG

温度計を使ってチェックするとボディ温度が約35度あたりになる高温!メッセージがでてストップします。

だいたい30~40分で録画がストップ、このママでは熱気溢れる舞台などでの長時間撮影は困難です。

IMG_8355.JPG

そこで4㎝クーラーファンをボディに輪ゴムで止めてみました。

IMG_8357.JPG IMG_8361.JPG

x3000とクーラーファンへはUSB給電(5v)、高温になるビットレート100Mbpsでもストップすることなく最後まで撮影完了。

クーラーファン対策はまずは成功ですね。

IMG_8373.JPG 

100Mbpsで使えるメディアは、右上のSAMSUNG128GB。

Sandisk Extreme64GBは60Mbpsで使えました。

X3000.jpg

バカとナントカは使いよう~といいますが、4Kアクションカムもまさにそんな感じです。

屋外ですとアイリスはオートでもOKですが、舞台など屋内での撮影では、① ホワイトバランス ② 明るさ設定(AEシフト) ③ アングルとカメラの高さの設定がポイントです。ワイドでアップが基本です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1