So-net無料ブログ作成

SNS時代の著作権、肖像権、個人情報… [セミナー]

IMG_6499.jpg

12月16日、岩本町・デジタルキッチンで第4回特別講座を開きました。

今回のテーマはいま大きな関心を集めている「写真」、「著作権」について…


IMG_6501.jpg


講師はアサヒカメラ編集長佐々木広人さんです。


IMG_6502.jpg



今回の「写真/著作権」講座は

SNS時代を迎え写真と動画がボーダーレス化しているなかで

映像制作者自身が

被害者や加害者になる状況を踏まえて開いたものです。


カメラ雑誌の老舗・アサヒカメラは、肖像権と著作権を軸にした

法律とマナー特集を連載していますが

読者の関心をあつめ出版不況のなかで部数を伸ばしています。

日曜日の講座では

こうした状況の中での課題としては…

● 著作権法は時代に合っているか

● ボーダーレス化する写真と動画

● 著作権について学ぶ場がない

● 被害者にとっての「駆け込み寺」がない

● 高額な弁護費用、警察の理解不足

● 不十分な著作権保護の組織、体制 


日本では目下のところ

アサヒカメラが駆け込み寺と化しているそうですが

ドイツではCOPYTRACKというシステムがうまれ日本にも進出しています。

利用者は作品をこのCOPYTRACKに登録すると

検索エンジンで98%の確率で無断使用を見つけ出し

使用料の請求、応じないときは裁判にするというやりかたです。


SNS時代という新しい状況が生まれ

著作権を知らない、学ぶ機会もない人たちが

手軽に写真を引用、盗用、拡散している状況が生まれ

個人がメディアになっているわけです。


ネットにあふれている写真を利用する側も

一枚の写真を撮るための苦労やコストへの想像力も必要なのではと

佐々木編集長は語っていました。


簡単ですが内容、趣旨の一部をご紹介です。

アサヒカメラでは連載記事をまとめて単行本を来年春出版するそうです。


第4回デジタルキッチン講座は

「4k撮影とカラーグレーディング、撮影モニターの技術」

講師は放送現場で活躍しているおなじみ村田さんです。


IMG_6509.jpgIMG_6507.jpg

講座修了後、参加の皆さんと秋葉原駅近くの居酒屋でプチ宴会。

本日を振り返りながらしっかり反省しました。


新年8日の開催です。

お問い合わせは、hamapro2020@gmail.com へ


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント